印鑑登録証明書と印鑑証明書の違い

ひとことで言えば、個人の印鑑が「印鑑登録証明書」、法人の印鑑が「印鑑証明書」です。

印鑑登録証明書も印鑑証明書も、その印影が実印(法人の場合は会社代表者印)として登録されていることを証明する文書です。証明書の題名において、個人の場合は「印鑑登録証明書」、法人の場合は「印鑑証明書」と記されています。

印鑑登録証明書(印鑑証明書)を取得する際に必要となるカードも、個人の実印の場合には「印鑑登録証」、法人の場合は「法務局印鑑カード」と記載されています。

個人の印鑑登録証明書の取り方

市区町村役場の窓口で請求します

個人が印鑑登録証明書は、住民票のある市区町村役場へ請求します。この際、必ず印鑑登録証(カード)を持参します。原則的には本人が請求すべきものですが、印鑑カードを持参すれば、代理人による請求も可能です(委任状は不要)。

印鑑登録証明書の申請に際して必要なものは、次の通りです。

  • 印鑑登録証(カード)
  • 手数料(ほどんとの自治体で300円~400円)
  • 代理人に委任状は不要(ご本人の住所、氏名、性別、生年月日を申請書に記入する必要あり)。

郵送による請求はできません

法人の印鑑証明書の請求とは異なり、個人の印鑑登録証明書は郵送による請求ができません。本人か代理人が市区町村役場で請求して下さい。

法人の印鑑証明書の取り方

法務局窓口で請求する場合

  1. 印鑑証明書交付申請書用紙をダウンロードして下さい。
  2. ダウンロードしたファイルを開いて、A4サイズの紙に印刷して下さい。
  3. 次の記載例に従い所定欄に必要事項を記入して下さい。
  4. 手数料分の収入印紙を購入し、交付申請書に貼って下さい。
    • 印鑑証明書の発行手数料は1通450円です。
    • 収入印紙は法務局本局・支局・出張所、郵便局、コンビニエンスストアで購入できます。
  5. 交付申請書を法務局本局・支局・出張所へ提出して下さい。

郵送で請求する場合

  1. 上記1~4に従い、交付申請書を作成し、収入印紙を貼って下さい。
  2. 切手を貼った返送用封筒をご用意下さい
    • 印鑑カードが同封されるため、最低でも簡易書留にして下さい。
    • 返送用封筒に宛先、宛名を記入して下さい。
    • 切手は、印鑑証明書4枚以下で392円が目安です。
  3. 印鑑証明書交付申請書と印鑑カードと返送用封筒を法務局へ郵送して下さい。
    • 印鑑カードを同封するため、最低でも簡易書留で送付して下さい。
    • 封筒には「印鑑証明書交付申請書在中」と朱書きして下さい
    • どこの法務局本局・支局・出張所に送付してもかまいません。
    • 法務局の所在地は法務局HP「管轄のご案内」をご覧下さい。

法人の印鑑証明書交付申請書の記入例(クリックで拡大します)

法人の印鑑証明書交付申請書の記入例
Adobe Readerのダウンロード PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobeより無償頒布されています。
中国大使館認証は行政書士みどり法務事務所
名称/宛名 行政書士みどり法務事務所
所在/宛先 〒247-0024 横浜市栄区野七里1-32-20
お申し込み
電話 045-390-0836(平日9~17時)
FAX 045-390-0837(24時間)
WEB お申し込みフォーム(24時間)
メール みどり法務事務所へメール(24時間)

今月の休業日

土・日・祝は休業日です。

お申し込み

書類の送付先

  • 〒247-0024
  • 横浜市栄区野七里1-32-20
  • 行政書士 みどり法務事務所
  • 電話: 045-390-0836