公文書の中国大使館認証代行サービスの費用

  • 下表の「お支払総額」はすべて1通の金額です。
  • 当事務所費用は1回の手続きで済む限り、何通でも変わりません
  • 2通以上の場合、中国大使館への手数料は通数分必要です。
  • 中国大使館への手数料は民事認証商事認証かで金額が異なります。
  • 下表の「お支払い総額」には官公署手数料、交通費、国内送料が含まれております。
  • 下表の「お支払い総額」には海外発送サービス費は含まれておりません。
  • 中国語訳を添付して認証する場合は私文書の中国大使館認証代行サービスの費用をご覧下さい。
サービス所要期間費用の内訳お支払い総額
外務省手数料大使館手数料当事務所費用
早割コース約2週間無料5,160円(民事認証)
8,780円(商事認証)
20,000円25,160円(民事認証)
28,780円(商事認証)
普通コース約1週間無料5,160円(民事認証)
8,780円(商事認証)
25,000円30,160円(民事認証)
33,780円(商事認証)
特急コース4営業日無料9,456円(民事認証)
14,048円(商事認証)
37,000円46,456円(民事認証)
51,048円(商事認証)

私文書の中国大使館認証代行サービスの費用

  • 下表の「お支払総額」はすべて1通の金額です。
  • 当事務所費用は1回の手続きで済む限り、何通でも変わりません
  • 2通以上の場合、公証役場および中国大使館への手数料は通数分必要です。
  • 中国大使館への手数料は民事認証商事認証かで金額が異なります。
  • 下表の「お支払い総額」には官公署手数料、交通費、国内送料が含まれております。
  • 下表の「お支払い総額」には中国語翻訳サービス費は含まれておりません。
  • 下表の「お支払い総額」には海外発送サービス費は含まれておりません。
サービス 所要期間 費用の内訳 お支払い総額
公証役場 法務局 外務省 大使館 当事務所
早割コース約2週間5,500円~
(日本語文書)

11,500円~
(外国語文書)
無料無料5,160円
(民事認証)
8,780円
(商事認証)
32,000円42,660円~
(民事・和文)
46,280円~
(商事・和文)
普通コース約1週間無料無料5,160円
(民事認証)
8,780円
(商事認証)
37,000円47,660円~
(民事・和文)
51,280円~
(商事・和文)
特急コース4営業日無料無料9,456円
(民事認証)
14,048円
(商事認証)
42,000円56,956円~
(民事・和文)
61,548円~
(商事・和文)

追加サービス; 中国語翻訳サービス

サービス 費用の内訳 お支払い総額
翻訳会社手数料 当事務所手数料
中国語翻訳サービス; A4サイズ1枚 5,100円 0円 5,100円
中国語翻訳サービス; 2枚目以降 1枚ごとに5,100円加算 0円 5,100円×枚数

追加サービス; 海外発送サービス

サービス 費用の内訳 お支払い総額
EMS代金 当事務所手数料
海外発送サービス; アジア 1,400円 0円 1,400円
海外発送サービス; 北・中アメリカ オセアニア 中近東 2,000円 0円 2,000円
海外発送サービス; ヨーロッパ 2,200円 0円 2,200円
海外発送サービス; 南アメリカ アフリカ 2,400円 0円 2,400円

追加サービス; 商業・法人登記簿謄(抄)本取得代行サービス

法人が中国大使館の認証を申請する場合に必要なサービスです(お客様ご自身で商業・法人登記簿謄(抄)本を取得される場合は不要です)。

法人が申請者となって公文書や私文書を中国大使館で認証する場合や、法人名で作成された私文書を中国大使館で認証する場合(この場合、法人が認証申請者となります)、申請者である法人のいわば「身分証明書」として、履歴事項全部証明書を添付する必要があります。

本サービスは法人が中国大使館の認証を申請する際に必要となる履歴事項全部証明書を、お客様に代わり当事務所で取得します。

サービス 費用の内訳 お支払い総額
法務局 当事務所
商業・法人登記簿謄(抄)本取得代行 1通600円 3,000円(何通でも) 600円×通数+3,000円

追加サービス; 登記官印押印証明取得代行サービス

平成28年4月より、商業・法人登記簿謄(抄)本の中国大使館認証に登記官押印証明は不要となりました。したがって、履歴事項全部証明書などの商業・法人登記簿謄(抄)本を中国大使館で認証する場合、本サービスをご利用いただく必要はありません。

商業・法人登記簿謄(抄)本以外の法務局登記官が発行する文書(法務局登記官印が付された公文書)、を中国大使館で認証する場合に必要なサービスです。(お客様ご自身で法務局に赴き、本手続を行われる場合は不要です)。

上記に該当する文書は、そのままでは外務省公印確認を受けられないので、登記官の所属する法務局(地方法務局)で登記官印押印証明を受け、公印である法務局長印(地方法務局調印)を付ける必要があります。

本サービスは、お客様に代わり当事務所で登記官印押印証明を取得します。

サービス 費用の内訳 お支払い総額
法務局 当事務所
登記官押印証明取得代行 0円 3,000円(何通でも) 3,000円(何通でも)

追加サービス; 公証役場認証代行サービス

私文書や翻訳文を添付した公文書などの公証役場認証を、お客様に代わって当事務所にて代行するサービスです。中国で発行された卒業証明書などに日本語訳を添付して、日本の学校などに提出する場合において、提出先から認証を求められた場合などにご利用下さい。

私文書や翻訳文を添付した公文書などを中国大使館で認証する場合、このサービスおよび費用は私文書の中国大使館認証代行サービスに含まれておりますので、別途お申し込みいただく必要はありません。

サービス 費用の内訳 お支払い総額
公証役場 当事務所
公証役場認証代行(和文) 5,500円/1通 15,000円(何通でも) 20,500円/1通
1通増すごとに公証役場手数料5,500円加算
公証役場認証代行(外国語文) 11,500円/1通 15,000円(何通でも) 26,500円/1通
1通増すごとに公証役場手数料11,500円加算

中国大使館の認証手数料

中国大使館領事部認証手数料早見表

申請の種類民事認証手数料(1通)商事認証手数料(1通)
普通申請(中2営業日交付)5,160円9,456円
加急申請(中1営業日交付)8,780円14,048円

民事認証と商事認証の違い

中国大使館領事部の認証は、文書の内容や使用目的により民事認証と商事認証があり、手数料が異なります。

民事認証

民事認証とは、主に個人の身上に関する公文書(婚姻届受理証明書、婚姻要件具備証明書(独身証明書)、戸籍謄(抄)本など)の認証のことです。ただし、身上に関する証明書でも商業目的で使われる場合は、商事認証として扱われる場合があります。

商事認証

商事認証とは、商業目的に使用する文書の認証のことで、商業登記簿謄本、土地登記簿謄本、商取引を中国の弁護士に依頼する場合の委任状や、中国での会社設立に必要な身元証明書などの認証がこれにあたります。

普通申請と加急申請の違い

中国大使館領事部の認証は、書類交付までに要する期間の違いにより普通申請と加急申請があり、手数料が異なります。

普通申請

中国大使館へ通常の手数料を払った場合の処理です。中2営業日(中国の休日は営業日に含まず)で認証が完了します。

加急申請

中国大使館への手数料が4~5千円程度割り増しになりますが、中1営業日(中国の休日は営業日に含まず)で認証が完了します。

中国大使館認証は行政書士みどり法務事務所
名称/宛名 行政書士みどり法務事務所
所在/宛先 〒247-0024 横浜市栄区野七里1-32-20
お申し込み
電話 045-390-0836(平日9~17時)
FAX 045-390-0837(24時間)
WEB お申し込みフォーム(24時間)
メール みどり法務事務所へメール(24時間)

今月の休業日

土・日・祝は休業日です。

お申し込み

書類の送付先

  • 〒247-0024
  • 横浜市栄区野七里1-32-20
  • 行政書士 みどり法務事務所
  • 電話: 045-390-0836