パスポートの認証に関する注意点

パスポートの原本それ自体に中国大使館の認証を受けることはできません。これは、中国大使館の認証を受けるには、あらかじめ外務省より公印確認を得ておく必要があるところ、パスポートに対しては外務省の公印確認を得ることができたいためです。

そこで、一般にパスポートに認証を受ける必要がある場合は、パスポートの写しを作成し、これに認証を受けます。

パスポートの写しに認証を受ける際には、パスポートのコピーだけでよい場合もありますが、通常は次のコピーを用意し、これに認証を受けるようにします。

  1. 写真ページの見開きのコピー
  2. 上記ページに記載された項目を抜粋したもの

パスポートの写しに中国大使館の認証を受けるには

パスポートの写しは私文書です。よって、中国大使館の認証を受けるには、私文書の認証方法に従います。すなわち、公証役場の認証→法務局の公証人押印確認→外務省の公印確認→中国大使館の認証となります。

まず、公証役場で認証を受けますが、この際、公証役場には上記①、②と宣言書(詳細は後述)を提出します。認証が完了すると、上記①、②と宣言書は一纏めにされ、一体の文書となります。

なお、平成25年より手続が厳格化されたため、現在では、公証役場でパスポートに認証を受ける際には、原則として、パスポートの原本を提示する必要があります。

中国大使館認証は行政書士みどり法務事務所
名称/宛名 行政書士みどり法務事務所
所在/宛先 〒247-0024 横浜市栄区野七里1-32-20
お申し込み
電話 045-390-0836(平日9~17時)
FAX 045-390-0837(24時間)
WEB お申し込みフォーム(24時間)
メール みどり法務事務所へメール(24時間)

今月の休業日

土・日・祝は休業日です。

お申し込み

書類の送付先

  • 〒247-0024
  • 横浜市栄区野七里1-32-20
  • 行政書士 みどり法務事務所
  • 電話: 045-390-0836